Facebook Twitter LINE pocket

結婚相談所のリアル —— お見合いを成功へと導いた『演出』とは?

あまり知られることのない結婚相談所の内情。

 

実は、日々さまざまな男女が出入りしているだけでなく、そこから生まれるドラマも十人十色なのです。

 

そこで本連載では、「マリッジクラブ ウィッシュ」の婚活カウンセラーが実際に出会った、男女のリアルな恋愛エピソードを描いていきます。

お見合いは連敗続き。諦めかけたその時・・・

「なんで上手くいかないんだろう・・・」

大手生命保険会社に勤務する伸一さん(39歳・仮名)は、悩んでいました。

 

39歳になったと同時に「マリッジクラブ ウィッシュ」へ入会した伸一さん。

 

間もなく活動開始から6ヶ月が過ぎようとしていましたが、何人もの女性とお見合いを重ねても、なかなか真剣交際に進めずにいました。

 

 

担当カウンセラーさんから告げられる、お相手からのお断りの理由は

 

「写真では優しそうな印象だったのに、お会いするとちょっと違って・・・」

 

とのこと。

 

そんなに俺って写真とイメージが違うの?!
それとも恐そうなの?!

 

言われたことを意識すると、最近は女性と2人きりになると、とても緊張してしまう・・・。

 

失敗が続いていることから、お見合いに対して積極的になれない日々が続いていたころ、伸一さんに再びお見合いの申し込みが。

婚活カウンセラーから、ちょっと戸惑うある提案

お相手は外資系コンサルティング会社に勤務する志穂さん(37歳・仮名)。

 

アラフォーといわれるこの年齢まで着実にキャリアを積んできた、いわゆるバリキャリ女子。

 

華やかな容姿からもモテそうな印象ですが、仕事に没頭しすぎて結婚のタイミングを逃してしまい、先月「マリッジクラブ ウィッシュ」に入会したとか。

 

素敵な女性からお見合いの申し込みを受け、うれしく思いつつも本気で喜べない伸一さん。

 

せっかく彼女と出会っても、また交際には進めないかもしれない、、、

 

そんな彼の表情を理解したのか、担当カウンセラーはある提案をしてきました。

「伸一さん、次こそお見合いを成功させましょう!」

担当カウンセラーと一緒に志保さんのプロフィールをじっくり読んでみると、趣味の欄に「花」という文字が目に入りました。

「志穂さんの趣味はフラワーアレンジメントなのよ。それでお部屋を花で飾っているみたいなの。伸一さん、お見合いの最後に志保さんにお花をプレゼントしたらどうかしら?」

「ええっ?初対面から花束なんて、大袈裟すぎませんか?」

「もちろん! 花束じゃなくて、お花。例えば、一輪のバラなんてどうかしら?」

「バラ一輪でも十分、カッコつけすぎだと思いますけど・・・。」

カウンセラーからの提案に戸惑う伸一さんでしたが

 

「まあ、これまでお見合いもなかなかうまくいかなかったし、せっかくのカウンセラーさんのアドバイスだから、今回はちょっと試してみようかな」

 

と、「一輪のバラ」計画を実行することに決めました。

いよいよ当日! バラに想いを込めて・・・

お見合いの当日、少し早めに待ち合わせ場所であるホテルに到着した伸一さんは、ホテルのクロークに一輪のバラを預けました。

 

やがてお見合いの席には、センスの良いワンピースを着こなす、華やかな志穂さんの姿が。

 

いつも以上に緊張していた伸一でしたが、志穂さんは話し上手で聞き上手。明るくよく笑うので、伸一さんの緊張も徐々にほぐれていきました。

 

お互いの仕事や趣味の話で盛り上がり、あっという間にお見合いは終了時刻に。

 

「あ、志穂さん。今日は本当にありがとうございました。これ、ほんの気持ちです・・・

志保さん、フラワーアレンジメントが趣味で、お部屋を花で飾ることが多いって、カウンセラーさんから聞いたので、もし邪魔にならなければ飾ってください」

別れ際、そう言ってクロークに預けておいた一輪のバラを差し出した伸一さん。

 

そこには思いがけないサプライズを受け、嬉しそうに微笑む志穂さんの姿がありました。

「花束」よりも「一輪」だった!

数日後、カウンセラーから嬉しい報告が! 志穂さんから、伸一さんとの交際を進めたいという連絡が入ったというのです。

 

これは後日、志穂さんがカウンセラーに伝えてくれたことですが・・・。

 

「一輪のバラに、伸一さんのやさしさが込められていたように思いました。

 

私のプロフィールをじっくり読んでくれたことも嬉しかったし、喜ばせようといろいろ考えてくれたことが本当にうれしかった。

 

それに、花束ではなくて1輪だったことも、いろいろ気を遣ってくれたんだなと思いました」

 

婚活カウンセラーからのアドバイスを受け、恥ずかしながらもちょっとした演出をしたことで、見事にお見合いを成功させた伸一さん。

 

数多くのお見合いを重ねることも大事ですが、何より大切なのは目の前にいる相手に、どうやったら喜んでもらえるだろうかとイメージを膨らませることですね。

 

一生懸命考えたあなたの気持ちは、必ず相手に届きますよ。

 

-おわり-

RECOMMENDED ARTICLES

“この記事を読んだ人におすすめ”

WISH
YOKOHAMA・MARUNOUCHI

”結婚相談所 WISH 横浜・丸の内”

エリート専門結婚相談所「ウィッシュ横浜/丸の内」 ウィッシュの特徴 成婚カップル紹介 Party 活動会員紹介
TOP