Facebook Twitter LINE pocket

20代女性が結婚相談所を活用する4つのメリット

20代の女性にとって、結婚相談所はまだまだ先の話、と思っていませんか?20代でわざわざ結婚相談所を使う必要性を感じていないかもしれません。しかも、結婚相談所を利用していることも恥ずかしくて知られたくない、まして20代のうちから利用だなんて…という人も多いでしょう。

 

しかし今、20代から結婚相談所を上手に活用してお見合いを重ね、成婚する人が増えています。

今回はマッチングを担当する現場の目線から見た、20代から結婚相談所を活用するメリットについてお話したいと思います。

20代の女性にとって、結婚相談所はまだまだ先の話、と思っていませんか?20代でわざわざ結婚相談所を使う必要性を感じていないかもしれません。しかも、結婚相談所を利用していることも恥ずかしくて知られたくない、まして20代のうちから利用だなんて…という人も多いでしょう。

 

しかし今、20代から結婚相談所を上手に活用してお見合いを重ね、成婚する人が増えています。

今回はマッチングを担当する現場の目線から見た、20代から結婚相談所を活用するメリットについてお話したいと思います。

20代女性が結婚相談所を活用する4つのメリット

1.20代女性とのお見合いを希望する男性が多い

日常での出会いが少なくなってきたから結婚相談所を利用するという方は多くいらっしゃいます。

しかし実は、結婚相談所の出会いの方が、日常の出会いよりもとてもシビアなのです。

 

なぜなら、結婚相談所では、お見合いをセッティングする前に、必ず相手のプロフィールを見ます。そこには年齢や趣味はもちろんのこと、身長や体重、年収や自己PR等が掲載されており、そのプロフィールを見て、お見合いをするかを決めるのです。

 

通常、例えば友人の紹介で異性と会うときに相手の体重や年収を聞くことがあるでしょうか?

 

つまり、お見合いが成立するかどうかは、自身のプロフィールに全て委ねられるのです。

そのプロフィールの中でもやはり誰もが気にするのは、相手の年齢になります。見た目や趣味などは変えることができますが、自分の年齢は変えることができません。

2.子どもを授かることを希望するエリート男性が圧倒的に多い

エリート男性が結婚相談所に入会する理由の1つに、「早く子どもが欲しい」が挙げられます。男性は出産について、自分の年齢はあまり関係がないと思っていますが、子どもを産む女性の年齢の事は非常に気にしています。

高齢出産については近代、医療のめざましい発展もありますが、それでも年齢が出産にかかわってくるのは事実です。エリート男性は、相手女性の年齢を気にせざるを得ないのです。そのため、20代女性が非常に活動が有利になるのです。

3.20代だからこそできる幅広い出会いの中から、運命の相手をみつける方が効率的

男性がそもそも若い女性を求めていることは理解いただけると思います。(ただし、単に若ければよいというものではありませんので(笑))

 

20代半ば~後半は、仕事もようやく軌道にのり、楽しさも分かってきて、しかも体力がある時です。また、飲み会や、友人の紹介が多い時でもあります。(これは30代になってみて初めて分かります)

 

そんな時だからこそ、通常の出会いにとどまらず、結婚相談所などを活用してお見合いをすることによって、通常ではななかなか出会えないような人とも出会い、実際に自分の目で、多くの男性を見てみることが、成婚への近道になります。

4.需要が多く供給が少ない立場だからこそ、強気の活動ができる

この記事を読んでいる皆さんが思っているように、多くの20代の女性が結婚相談所を活用しようとは思っていません。

 

しかし、先ほどお伝えしたように、結婚相談所で活動している男性の多くは20代などの若い女性との出会いを希望することが多いのが事実です。結婚相談所などを活用するエリートは、このように女性を探しています。

 

40代のエリート男性→20代~30代の女性とのお見合いを希望している

30代のエリート男性→20代~30代の女性とのお見合いを希望している

20代のエリート男性→20代の女性とのお見合いを希望している

※もちろん全員ではありません。

 

これだけ20代の需要は多いのです。しかし、結婚相談所を活用しようと思っている20代女性は少ない。つまりそこにチャンスがあるのです。

なぜ賢い女性ほど、20代から結婚相談所で婚活を始めるのか?

20代は多くの人にとって人生のリズムが大きく変わる時期です。学生から社会人になり、生活リズムが一変。新卒だったのが後輩が増え、付き合う人もかわります。仕事もしつつ、新しい出会いも数多くあります。体力もまだまだあります。

 

「20代だし出会いなんて山ほどある。まだまだ遊べる!お見合いや結婚をするのはあとで良い。」

「彼氏はいつもいるし、それ以外でもそれなりにモテる。結婚相談所やお見合いに頼らなくても結婚できるのではないか」

 

と多くの人が考えるのは当然の事です。

 

しかしそういった時にこそ浮かれすぎず、先を読んだ行動をする人が幸せをつかんでいます。

『20代で利用するなんて恥ずかしい。何か欠点があるように見られるのではないか』という後ろ向きな考えではなく、『結婚の為にも、モテ期である今のうちに積極的にお見合いをしよう!』と考えることで、他の人とは一歩差がつくのです。

 

いかがでしょうか。20代のうちから結婚相談所を活用し、お見合いを重ねることで成婚までの道のりはぐっと短縮されます。

それでもまだ、20代女性にとって結婚相談所やお見合いといったキーワードは、非常に敷居が高いといえます。

 

近年非常に安価なサービス、婚活アプリが急増しているからです。

婚活アプリの落とし穴と、賢い活用方法

20代の未婚の女性が、結婚相談所を検討する前にまず登録することが多いのが「婚活アプリ」です。以前は「出会い系」とよばれるサイトがありましたが、最近はFacebookの個人プロフィールを認証することで安全性を高めたこれらの出会いが主流になってきています。

 

これらの賢い活用方法やメリットデメリット、そして結婚相談所との違いをお伝えしたいと思います。

3人に1人が「何らかのトラブルを経験したことがある」

あるインターネットの調査にはこのような結果がでています。

 

マッチングアプリを利用している未婚者106人に聞いたところトラブル経験で自信がある、と答えた人が37.6%、「身の回りで聞いたことがある」という人も含めると半数近くが何らかのトラブルを目にしています。

 

実は既婚者で子供がいた、最初から結婚する気はなく遊ばれて終わった、残念ながらいくつものパターンが見られますし、容易に想定されます。

 

そうした被害にあわないよう意識していくことが必要になってきます。

 

20代の女性が婚活トラブルに遭うことの本当のダメージ、デメリットとは?

 

女性だけでなく男性にとっても様々な場面でだまされるリスクはありますし、それによって何か(金銭など)を失うこともあります。

しかし20代の女性の目線で見ていくと、こうした被害に遭ってしまうことは、金銭面以外でも大きくダメージを負うことになるといえます。

 

それは、時間の無駄と、精神的なダメージです。

先ほどもお伝えした通り、20代のうちに結婚相談所での活動など、真剣に相手を探すことは大変有意義なことです。しかし、様々なトラブルに巻き込まれしまうことで、そのトラブルの解決にも時間がかかります。身体的にも肉体的にも疲弊し、モチベーションが低下してしまって、気がつけば30代になってしまうのです。

だまされてしまった場合落ち込み、人間不信になってしまう可能性はもちろん男女ともあります。

 

もちろんお互いに結婚を真剣に考えた、結婚相談所での出会いでも、成婚後に何らかの理由で、結婚話が破綻してしまうことはあります。

しかし真剣ではない相手との「避けられるトラブル」を見分けて、避けていくことはとても大切です。

婚活アプリにどんなデメリットがあるのか?

1.結婚相談所に入会している男性に比べ、結婚に対する意識がマチマチ

  

まずなにより、簡単にスマホで登録ができます。Facebookの個人情報を活用すれば、開始してわずか5分後には、異性とのマッチングが始まり、メッセージをすることも可能になります。とても気軽に始めることができる、素晴らしいツールです。

しかし、その「手軽さ」こそが、メリットでありデメリットにもなるのです。

 

気楽に始められるから、「なんとなく暇つぶしで」「とりあえず面白そうだったから」といった理由で始める方が少なくありません。

「結婚したいから」という理由ではないので、その分結婚に対する意識はどうしても低くなってしまいます。

 

20代の女性にとって結婚相談所は、たしかに敷居が高いサービスです。費用もかかります。どこかの店舗に来店しなければなりません。お見合いをするので時間もかかります。

それだけ始めるには面倒なのですが、それは結婚に対して真剣に向き合っているとも言えます。

2.相手が既婚者だったり・彼女もちだったりする

素敵な男性だと思って、テンションが上がっていたら、実は相手は既婚者だった(彼女もちだった)とういケースも会員様からよく耳にします。

 

結婚相談所は、独身の証明は必須ですが、アプリによっては独身の証明はほとんどが任意提出となっております。もちろん、直接対面で入会時にチェックする仕組みはありません。

 

親しくなっても親族に合わせてくれない、結婚の話になると急に不機嫌になる、などのパターンには注意が必要です。結婚相談所以外のサービスで出会う際は、必ず最初に未婚であるのかの確認はするようにしましょう。

3.未だ根絶しない結婚詐欺

 

「結婚詐欺」というと古臭い言葉に感じませんか?

しかし結婚をちらつかせていろいろなお金を建て替えさせたり、だまし取ったりするケースというのは残念ながらまだまだあります。

 

特に結婚を焦っている女性はターゲットにされやすく、つい信じたくなってしまうような設定や作り話を聞かされてしまい、お金を失ってしまうケースはなかなか後を絶ちません。

4.恋愛スキルを高めるためにいわゆる非モテ男性が利用するケースも

 

また一部の恋愛経験のあまりない男性をサポートするコンサルタントやサービスなどでは「恋愛に慣れていくためにこういったサイトを利用して経験を積みましょう」というアドバイスを堂々としているところもあるようです。

 

その場合、彼らは損害賠償などに発展しない(結婚詐欺だと言われない)ために「同居はしない」「指輪は買わない」「家族に会わせない」「1年以上は付き合わない」など、(過去の民事の判例等に照らして)具体的なアドバイスまでされているケースもあるようです。

婚活アプリの賢い活用方法

利点は費用が月額制で安いこと、何より気軽に登録をしやすいところです。

 

その敷居の低さこそが利用者も増やし婚活全体に貢献しているのは紛れもない事実です。それらの特徴を理解したうえで、その特徴にあわせた活動をおすすめします。

 

具体的には、(本当に結婚したいと思っている人は)出会い方を1つに絞らず、結婚相談所やお見合いパーティーなども活用し、出会いの幅をとにかく広げることが成婚に向けた活動において非常に重要になります。

自分の年齢は、絶対に若返ることはありません。20代は結婚相手を探す上で最もアクティブに動くことができる重要な時期になります。

その大切な時間を、既婚者や結婚願望のない男性に捧げてしまい、気がつけば30代になってしまった、ということだけは避けなければなりません。

 

飲み会やお見合いパーティーに参加したり、友人の紹介を促したり、そして最も結婚願望のある異性が集まっている結婚相談所の活動も視野にいれると、出会いの幅はグッと広がります。

20代女性が多く利用している婚活アプリと結婚相談所の違い

 

 

1.結婚相談所は独身・年収・学歴の証明は必須

 

先ほどもお伝えした通り、婚活アプリの個人プロフィールはほとんどが自己申告になります。

身長や体型はもちろんのこと、年収や学歴、または未婚・既婚についてもすべて自己申告になります。年収400万円の人が年収4,000万円と表記するのも本人の自由で、それらを証明する義務はないのです。

 

結婚相談所では、公的書類(独身証明書など)による独身証明、源泉徴収票等による年収証明、そして卒業証書や成績証明書などの提出による最終学歴の証明が必須となっており、それらの書類の提出がなければ活動そのものができないようになっていますので、出会ったあとに実はプロフィールが違ったというトラブルはありません。

2.結婚相談所は結婚願望のある人しかいない

 

結婚相談所は非常に敷居の高いサービスです。実際にお店に足を運び、担当者からサービスの説明を聞く必要があります。費用も他のサービスに比べて高額です。

しかし、それだけ結婚相談所には結婚を強く意識している人だけが集まっているとも言えます。それだけ結婚願望の強い男女が集まっているので、結婚相談所では、入会から3ヶ月以内に成婚退会することは、決して珍しいことではありません。

 

中には入会後わずか数ヶ月で結婚相手を見つけて成婚退会した会員様もいらっしゃいます。

【4ヶ月でご成婚】♂33歳(会社員)Eさん ♀29歳(会社員)Yさん

【3ヶ月でご成婚】♂42歳(会社経営)年収1,300万円 Tさん ♀39歳(医師)Kさん

3.結婚相談所は敷居が高いサービスなので、詐欺師や遊び人が寄りつきにくい

 

既婚、年齢や職業、収入詐称、単なる恋愛経験目当てなど広い意味での「結婚詐欺(結婚願望に付け込んでくる人たち)」に共通して言えることが2つあります。

 

1つ目は「結婚を焦っている女性を狙ってくること」、そして2つ目は「結婚相談所のような初期費用がある程度かかるサービスはほとんど利用しないこと」です。

トラブルを根本的に避け、「人を疑わずに済む」婚活を考えるのであれば結婚相談所など敷居の高いサービスに場所を変えて活動していくのも、解決方法の一つだと思います。

金額の敷居の高さだけでなく、入会時やお見合いの時も対面方式となってくるのでそうしたことはやりづらい(笑)というのも安全性を高める一つの理由なのでしょう。

 

 

いかがでしょうか。それぞれのサービスには一長一短があります。

結婚相談所では、相手のプロフィールがわかりそれが証明されているというのは大きな事です。

結婚相談所以外のサービスでも、数多くの出会いがあります。しかし、独身の証明などは必須ではありません。もちろん年収は自己申告です。

結婚相談所は、イメージ的に敷居が高く費用が高額というデメリットがありますが、逆を言えばそれだけ本気な人が多いということでもあります。

 

「結婚」を幸せの1つの形と考えたとき、20代のうちから結婚相談所を活用するというのは、その幸せをつかむ大きな選択になるのではないでしょうか。

RECOMMENDED ARTICLES

“この記事を読んだ人におすすめ”

WISH
YOKOHAMA・MARUNOUCHI

”結婚相談所 WISH 横浜・丸の内”

エリート専門結婚相談所「ウィッシュ横浜/丸の内」 ウィッシュの特徴 成婚カップル紹介 Party 活動会員紹介
TOP