Facebook Twitter LINE pocket

【奥手エリートさんのLINE講座②】女性からどんなLINEがきたら脈アリか婚活カウンセラーに聞いてみた

こんにちは、奥手エリートです(37歳)。

高年収・高学歴・高身長でハイスペックだけれど、実はこれまであまり女性経験がなく、恋愛のほうは全然パッとしないシャイな僕・・・。もう37歳だし、最近思い切って婚活を始めましたが、失敗ばかりで心がヨレヨレの毎日です。

突然だけど、みなさんは意中の女性とLINEをしていて温度差を感じることってありませんか? 僕はいつも温度差ばかりで、「ここは北極なのかな?」って思えてきたところです。

いつも僕のほうがテンションが高くて空回りしちゃってるんです。「女性は僕とLINEをしていてもつまらないのかな?」なんてネガティブになってきて・・・(^_^;)

そこで、僕がいつもお世話になっている結婚相談所「マリッジクラブ ウィッシュ」の中川さんに相談してきました。中川さんはいつも僕の悩みに寄り添ってくれるんです。

「こんにちは。今回はどういったご相談ですか?」

「女性とLINEをしていても、相手のテンションが低いような気がして……」

「どんなLINEをしているか見せてもらってもいいですか?」

「確かに温度差を感じますね〜」

「いつもこんな感じなんですよ。どうしてなんでしょう?」

「奥手エリートさんはこの女性と交際したくてLINEをしているんですよね?」

「もちろんです」

「だったら、どうしていつも自分の話ばかりで、女性に質問しないんですか?」

「だって、自分の話をしないと、僕の良さを感じてもらえないじゃないですか」

「そこが大きな間違いです」

「え・・・どういうことですか?」

「好きな人のことは何でも知りたくありませんか? でしたら、自分の話はグッと抑えて女性に質問をしてあげるんですよ。そうすることで女性は、『私に興味を持ってくれてるのかな』って思いますよ」

「そうか・・・! でも、それじゃ僕のことをアピールできないですね」

「女性にいろいろ質問をすることで、“気持ち”をアピールできるじゃないですか。婚活の場では、『男性が自分に興味がないようだから……』といって女性がそれ以降の連絡などをお断りするパターンがよくあるんですよ」

まとめ

自分の話は我慢して、女性にいろいろ質問すべし

「僕の話ばかりは良くないかなって、たまにはいろいろ質問することもあるんですよ」

「どんな感じか見せてもらってもいいですか?」

「えっと、面接じゃないですよね?」

「そんなわけないじゃないですか(笑)」

「ですが、これって一方的に奥手エリートさんが質問をして、女性がそれに対して答えてるだけですよね」

「そう言われてみたら確かに(^_^;)」

「女性とのLINEで重要なのは、会話のキャッチボールです。女性から何か質問をされたら、聞いてくれたことに対して『私は○○ですけど、××︎︎︎︎さんはどうですか?』って聞いてください」

「分かりました」

まとめ

LINEでは会話のキャッチボールが重要

「私が担当していた女性で、『男性と話が続かなくて……』と悩んでいた方がいらっしゃいました。その方は『男性に一生懸命質問をしているのに、それに対して答えが返ってくるだけで聞き返してくれないから、会話が続かないんです』とおっしゃっていて。『次はどんな会話をしよう?』ってとても悩んでいたんですよ」

「よく僕がやっちゃうやつじゃないですか」

「こうなると、男性が女性に好意を抱いていても、女性としてはやっぱり『私に興味がないんだ』という結論に至ってしまいます」

「自分の話ばかりもダメで、質問しすぎもダメ。LINEって奥が深いですね」

「そんなことありませんよ。キャッチボールが続いたら脈ありと解釈できるので、LINEは女性の気持ちを知る上で重要なツールの1つですから、そうネガティブにならないでください」

「そうですよね」

「逆に言うと、女性からの返信が質問に対する答えのみだったら、脈なしの場合が多いかもしれないですね。そういう場合は、連絡のスパンを遅らせたりして、決定的に嫌われないようにするといいかもしれませんよ」

「ガッつきすぎはNGってことですか?」

「そういうことです。あまりガッつきすぎると女性が怖がっちゃいますからね」

「アプローチしているつもりなのに、怖がられるのは悲しいなぁ・・・」

「私が担当していた女性が、ある男性からデートのお誘いを受けたんですよ。でも、その日はどうしても用事があってお断りしたら、『じゃ、その次の週の◯時にどこどこで待ち合わせしましょう!』って一方的に連絡がきたみたいで。とても気に入っている男性だったんですけど、『怖かった』という理由でお断りしていました。自分本位に約束を取り付けてしまうと、女性が怖がってしまうので絶対にやめてくださいね」

「気をつけます!」

まとめ

ガッつきすぎると女性から怖がられる

女性とのLINEに温度差があったのは、僕のLINEに対する考え方が根本的に間違っていたからなんですね。自分の話したい気持ちはグッと抑えて、女性に質問をする。中川さんいわく、会話のキャッチボールが続いたら、それなりに脈がある証拠なんだって。

今後の婚活がちょっと楽しみになってきました。この方法を実践して早くいい人が見つかるように頑張るので、どうか温かいご支援を!

-おわり-

この記事のキーワード

RECOMMENDED ARTICLES

“この記事を読んだ人におすすめ”

WISH
YOKOHAMA・MARUNOUCHI

”結婚相談所 WISH 横浜・丸の内”

エリート専門結婚相談所「ウィッシュ横浜/丸の内」 ウィッシュの特徴 成婚カップル紹介 Party 活動会員紹介
TOP