お見合いで「派手すぎる」と断られた婚活女子の「これからの戦い方」 | 結婚相談所ウィッシュ【東京・横浜】
Facebook Twitter LINE pocket

お見合いで「派手すぎる」と断られた婚活女子の「これからの戦い方」

キレイでも「家内です」って紹介した時、ド派手だと恥ずかしいな・・・

男性は「結婚相手」という人生の伴侶を探すのに妥協はしない。

 

「私って、たった1回のお見合いでお断りされるの?」
「えっ?そんな理由で?男の人って結構繊細なんだー」
「なんだか恋愛とは違うなあ」

 

正直なところ、この記事を読んで驚いた女性も多いはずだ。
しかし、数えきれないほど多くの婚活男女を見てきたプロの意見はどうだろう?
この記事で上がったタイプの女性たちは、本当にお見合いで失敗してしまうのだろうか?

 

シリーズ第4話は「服装&ヘアメイクが派手すぎる」という理由でお断りされた女性。

 

お見合いだからこそ、服装やヘアメイクに気合いを入れた婚活女子。男性に喜んでもらいたくて、いつもより華やかに、きれいにしただけなのに、『派手すぎる』って何なのよ!

 

・・・と、混乱するみなさんのため、プロの婚活カウンセラーの皆さんに徹底討論してもらった。

「マリッジクラブ・ウィッシュ横浜」の婚活カウンセラー(写真右より吉岡さん、中川さん、梅村さん)

すぐに実践できる簡単なコトから、自分の人生を大きく見直す大事なアドバイスまで参考にして、婚活の勝者になれるよう、必要なスキルをしっかり学んでいこう。

「モテファッションに自信アリ」な女性にアドバイス!初めてのお見合い突破方法

イイ男に出会うためにはメイクもばっちり決めたいわね!

おしゃれに着飾ったつもりが、なぜお見合いでは「派手」と見なされるのか・・・

婚活中の男性にインタビューして「お見合い一回目でお断りする女性」のタイプ、ワースト5までを教えてもらいました。
ワースト5にランクインした女性の特徴は「服装やメイクが派手すぎる女性」でした。

お見合いは、華やかな恰好をしたり着飾る場ではないと理解しておかないと、男女間でギャップが出ますね。

えっ?いや、お見合いってオシャレしないとダメなんですよね?

ほら、ここにも勘違いしている人がいるっ(笑)!

ファッションの意識を変えないと。いつでもどこにでも着飾って行け場いいわけではないんですよ。初対面のお見合いで「そういう服装を選んだ」という点が、「お見合いの場を理解していない」と思われますからね。

デートに行く感覚ではダメ?

うーん。しつこくてすみません・・・。私なら初めて会うとはいえ、やっぱり男性に会うのだから、おしゃれで可愛い服を着たいと思います。

たしかに。でも、かわいいさやオシャレ度合いって、個人の好みで違いますよね。
具体的お教えしますね。
清潔感のあるワンピースや、女性らしいシルエットのブラウス&スカートのスタイルがオススメですよ。

それならわかる気がします。

色も普段クールなブラック系を着ている女性も、淡いピンクや暖色の色を合わせるといいと思います。顔周りが明るく見えますよ。暖かくてふんわりした色合いは、婚活中の男性にウケがいいんですよ。

ワンピースの上にジャケットを着ると、きちんと感が出てなお好印象。

自分の中での「かわいさ」「おしゃれさ」と男性の求めているものが違うと、こういうギャップが生じるんですね。

そうなんです。お見合いは「あらたまった場」です。お茶を飲むだけとはいえホテルのラウンジで、男性もスーツくるわけですからね。正式な場所であることをわきまえた女性らしい服装がいいですね。

ポイント1 「お見合いの場」に相応しいファッション&ヘアメイクを心がけて!

セクシーなスタイルが男性はお好き?・・・お見合いではなんとNG!

当然服装だけではなく、髪形もメイクもパーティーに行くような派手なスタイルは控えた方がいいですね。

でもちょっと不思議です。
スタイルのよい女性は、当然ミニスカートの方が男性は喜びそうだし、夏に流行るオフショルダーも女性らしくて魅力的に映りそうですけど。
「前彼には少し露出の多い服の方がウケてた」と、戸惑っている人も多いみたいです。

色気も魅力ですよね?

前彼の場合は恋愛を経てだったと思うんです。婚活はまずきちんと「よろしくお願いします」とご挨拶をしてから、お話しして相手を知り、そこから交際するのか、どうするのか決めて進んでいくわけですから。男性もそこは礼儀正しい雰囲気を求めていますよ。

それに男性は彼女を求めている訳ではないんですよね。お嫁さんです。家にいるのに露出高めでけばけばしいメイクをしていたら・・・かなり違和感。

(笑)・・・あー!あるほど。イメージつきました。

家庭的で癒される雰囲気の女性が、家にいて、微笑んでいる図を思い描いているでしょうねえ。

ポイント2 いつもはセクシーな女性が好きな男性も、お嫁さん探しは「別」

お見合いで、意外と手元は見られている!

という事は・・・服装と同じように、ネイルもお見合いを意識しないといけませんよね~。

女性は可愛いネイルがだーいすき!

よく気が付きました(笑)!

お見合いの席では、手元に目がいきやすいですからね。

お見合いは、向かい合わせの席に座るでしょ。比較的近い距離の中で、メニューから飲み物を選んんで、飲み物を目の前で飲むので、自然と手に目がいきますよね。いくら服装に気を遣っていても、長い爪にキラキラのネイルをしていると、ちょっと引かれちゃいますね。

長めの爪でキラキラ系の目立つネイルをしているだけで、「家事はやらなさそう」「この手で作る料理は美味しくなさそう」っていうイメージは持たれますね。

女性ってネイルアート大好きじゃないですか。結婚相手が欲しいならネイルアートを諦めろ、とか、俺の結婚相手になるならネイルをするなとか言われたらモラハラ~(笑)。
男性でも許してくれる許容範囲が知りたいなあ。

色はベージュや淡いピンクなどの清楚系カラー。ウェディングの定番でもある「フレンチネイル」も、品があってオススメですね。

どんなネイルでも爪は短く、丸くカットしたら可愛らしい指際に見えるわね。

あー、でも、せっかく男性の好きそうな可憐なネイルにしても、爪の先が剥げてしまっているのはダメ。
男性からは「ズボラで雑な性格なのかな」と思われそうでしすし、不潔な印象を持たれてしまうと思います。

清楚な雰囲気と清潔感を意識してくださいね!

ポイント3 婚活ネイルは、ナチュラル・清楚・清潔感を意識すればOK

ブランド品は「さり気なく」がポイント!

婚活で、ブランド品が好きな女性って「結婚してからお金がかかりそう」という印象を持たれるというアドバイスを受けたことがあるのですが、お見合いでも完全にノーブランドのファッションで出かけないとダメですか?
ある程度、品の良い服装って、たいていブランド品ですよね。

ブランドも取り入れ方次第ですよね。

そうですね。例えばアクセサリーや小ぶりのバッグ、時計などワンポイントで「さり気なく」であれば、全く問題ないと思います。ブランドに疎い男性がほとんどですから。

最近そんなブランド少ないと思いますけど、ブランドロゴが目立つ大き目のバッグや服はやめておいたほうが無難。複数の有名ブランド品を身に着けてるのも、なんだかギラギラした印象になりますね。

とても大切な愛用品だったら、お見合いの場ではなく交際が始まってから、デートの雰囲気や相手とのバランスを見て、ファッションに取り入れていけばいいと思いますよ。
とにかくお見合いは顔見せですから、「お金がかかりそう」「金銭感覚が合わなそう」など、第一印象でマイナスイメージを持たれないようにした方がいいと思います。

ポイント3 大きなロゴの有名ブランドに注意!「ブランド品を持っている」=「お金がかかる女性」と思われる可能性も!

「女子力高めの婚活女子」を直撃取材! メイクを変えて勝負!

うん、わたし、かわいい!

婚活をはじめたばかりの20代後半女子です。
初めてのお見合いの日に気合いを入れて、いつもより濃い目のメイクをしていきました。
鏡に映った私は、いつもと違ってとても大人っぽく、自分で言うのもなんですが「いいオンナ」!きちんとメイクすれば、私もなかなかイケてたんだなーって嬉しくなりました。

 

でも相手の男性と話が全く盛り上がらなくてお断りされてしまいました。

 

まあ、まだまだ最初だからいいか!なんて楽観的に思っていたところ、立て続けに3人断わりされてしまったんです。いくらなんでもこれはおかしい。
恐る恐るお断りの理由を結婚相談所に確認したところ、なんとなんと

 

・・・「派手な女性は苦手なので」

 

と言われたそうで・・・もう泣きたい。

化粧品メーカー勤務の友人に相談したところ「ナチュラルメイクって言葉を勉強しなさい。童顔を老け顔にしたらもったいないわよ!」とのこと。

せっかくメイクするなら「メイクしている感」を出さないといけないと思いましたが、そんなことはないんですね。

次のお見合いは、出勤日と同じメイクにしてみました。うふふ・・・もう一度お会いしたいと言ってもらえましたよ!普段のワタシで大丈夫という事がわかって、逆に自信が持てました!

「派手すぎる」とこと断られた婚活女子たちよ!「お見合いとは何か?」を再確認しよう!

◆パーティーやデートで男性ウケがよかったファッションを、そのままお見合いでするのはNG。清楚でやわらかな印象がもたれやすい服装や、ナチュラルメイクを心がけよう!
◆爪のお手入れは必須。ネイルも、ナチュラルで清楚系なモノであれば、むしろ女性らしさをアピールできて好印象に
◆ブランド品は、目立つアイテムは避けよう。あくまでも、ワンポイントに留めておいて

この記事のキーワード

WISH
YOKOHAMA・MARUNOUCHI

”結婚相談所 WISH 横浜・丸の内”

エリート専門結婚相談所「ウィッシュ横浜/丸の内」 ウィッシュの特徴 成婚カップル紹介 Party 活動会員紹介
TOP