Facebook Twitter LINE pocket

婚活男子必見!婚活女子がお見合い一回目でお断りする男性ワースト5

婚活で一番大切なのは「ここだけは譲れない」という部分をしぼること。

相手に対する要求が多ければ多いほど、婚活は迷宮に入るとも言われている。
今回は真剣に婚活へ取り組み、お見合いや婚活パーティーなどを体験している女性2人に直撃インタビュー。
お付き合いに至る前の顔合わせである「お見合い」の時点で

 

「この人との結婚は絶対に無理!!!」

 

だと思ったお断りの理由を聞かせていただいた。

ここには女性の本音がギッシリと詰まっている。

「そんなことが条件になるの?」と思うことから「とはいえこれまでの人生をやり直せない」と深刻に考えることまで・・・婚活男子は必見の記事だ。

名前:片田 菜々さん(仮名)
年齢:30歳
職業:看護師
婚活歴:1年
ふんわり系ながら整理整頓完璧なテキパキ女子
名前:端山 美咲さん(仮名)
年齢:27歳
職業:営業事務
婚活歴:8か月
のんびりマイペース女子。アパレル勤務だけにおしゃれ好き

第5位 「女性に甘えたい発言」が目立つ男性

誉め言葉のつもりが大変な誤解に!

先日の婚活お見合いで「うわあ、看護師さんですか!頼れるなあ。専門職だからカッコイイ。僕は共働き大賛成なんで、バリバリ仕事する人大好きです!」って言われて。

 

この人と結婚はないな~って思って断わりました

中には「結婚したら仕事をやめて家事に専念してくれ」と言われてうまくいかない場合もあると思いますが?

1人でバリバリ頑張って生きていける女性は、あまり婚活を考えないじゃないですか。私たちってそうではないので、婚活していると思うんです。

 

家事に専念しろ、とまで言える人は相当経済力がある人ですよね。今の時代は、お互い何かあった時のために共働きは当然だと思うんです。

 

ただ初対面で「バリバリ仕事しろ」って言われると、それってどういう意味?・・・と思います

外見や気配りで「頼れる」と判断してはいけない

最近の男性は、定時に上がるの当たり前なんで、出世欲もないし、そこは女性にも頼りたいのはわかりますけど、お前もがんばれよって思います

手厳しいですね(笑)

私、髪形がショートカットのせいか、学生時代から「草食系男子」に好かれることが多い上に甘えられてばかりです。さすがに人生を共に歩む人には甘えたい!

美咲さんは話し方もサバサバしていますからね

お見合いでも、相手がモジモジしていたら、自分が仕切っちゃうから(笑)。
頼れるのではなく、気配り上手だと思っていただきたいですね!

恋愛では甘えたい方だし、結婚相手も、どちらかといえば引っ張っていってくれる人が理想なのに。

社会的に草食系の男性が増えているのは納得ですが、それに比例して婚活の場にも女性に頼りたい男性が多くなっていると言うことなんですかね

他のお見合いで「菜々さんって、頼りがいがありますよね」って言われたことがありますよ。「自分が家事をメインにやりますよ!」とその場で言われた時には、笑顔が凍り付きました。褒めたつもり(笑)?

そもそも人生って2人で歩いていくもので、2人で支え合いたいから結婚するんですものね!

第一印象で頼れる女性、バリバリ働きそう、っていう印象を決めつけて話を進めるのは男性側にはリスキーなんですね

結婚は2人で支えあうもの!と力説する美咲さん

結婚したい女性は安心を求めている?

初対面で、相手の本質までは見えないはず。女性を褒めたつもりでも「強い」「頼りがいがある」「尊敬する」などの言葉は、女性にとって嬉しくない場合もある。

特に婚活中の女性への「女性に甘えたい、頼りたい」と感じさせる発言は、「この男性には頼れない」「結婚相手としては難しい」と思われる恐れが・・・

第4位 やたらとお金の話をする男性

高収入がオレの一番の魅力!と思っていない?

お見合いの席でやたらと「お金持っています」アピールされることありません?

確かに!「何でここでそんな話するの?」って思うよね。こちらが「聞きたいです」って顔をしているみたいで、なんかイヤ!

僕は年収いくらなので、同期でもずば抜けてもらってますよ、って言われても(笑)

男性をかばうわけではなのですが、お相手は「俺なら君を幸せにできる」って言ってくれたのでは?

でも初対面ですよ。それだけが自己PRのつもりなのかな?と思います

高収入×節約家自慢で2倍のドン引き

お見合い場所に予定していたホテルのカフェに行ったら満席で、近くのカフェに移動したことがあるんですよ。そしたら「コーヒーがちょっと高いですね」って言われたことがある・・・

わっ、もうその段階で帰りたい・・・

そんなできごとの後に「部長になって年収が1000万円になったんですよ」っておもむろに言われて、どう返事すればいいのかわからなくなった(笑)

「へえー」って言えばいいのか「凄いですね!」ってほめてあげればいいのか、「でも高いコーヒーは苦手なんですか?」って言えばいいのか悩みますね(笑)

さすがにそれは言わないですけど(笑)。その後の話は全く盛り上がらなかったなぁ。。

私もお見合いで会ったカフェで「たしかクーポンがあった!」って財布探り出した人がいた。照れながら「クーポン券とかポイント集めるのが好きで」なんて話をされた時までは、節約頑張ってるんだなーなんて思ったけど、その後、普通に「僕、高収入なんです」的な話になって、、

よく「ギャップ萌え」なんて言葉ありますけど、それとは違っ・・・

違います!それはただのケチです。結婚してからも、超節約生活になりそう(笑)

私も節約するところはしたいけど、たまには美味しいモノも食べたいし。なんで初めて会った時になんでこんな話するんだろうと思って

お金の感覚や経済観念が合わない人とは、結婚生活は難しそうだね

「いきなりお金の話しかしない人はそれ以外ダメそう」「だよね~」

初対面でお金の話はちょっと・・・

自分にお金がある・なしに関わらず、初対面からお金の話をする男性は評価が低い。

高収入はモテそうだが、自分からアピールするのは、逆効果のようだ。節約をにおわせる発言をした男性は「ケチな男性、結婚生活は難しそう」と思われている。

第3位 会話が成立しない男性

話下手は後でこんなことを言われてしまうかも!

2週間前のお見合いで、ワタシ、すごい男性に出会ってしまいました!

運命の人ですか?

そうだったら良かったなぁ~(笑)。私がどんなに質問をしても、全て「はい」か「いいえ」しか返してくれないという・・・最初は、「緊張しているのかな」って思ったんですが、私が工夫して答えやすいように聞いても、ほとんど会話にならない。

相手の男性からは、何か質問されなかったんですか?

辛すぎてよく覚えていないんだけど(笑)、ほとんど何も聞かれなかったと思う。

え~、何しに来たのよ~!

まぁ、シャイな人で本当に緊張していたとは思うんだけどね。まずは「お見合いより、人と会話することに慣れてから来て」と思ったよ(笑)

自己PRを自慢話だと勘違いされる?

会話が成立しないと言えば、私が婚活パーティーでドン引きした男性は、ひたすら自慢話のオンパレード。1人の持ち時間が終わる数分が、永遠に感じた・・・

地獄の時間だね

確かに私が行ったパーティーは、そこそこのエリートが集まるパーティーだったんですよ。でも3,4人に「僕、高学歴で大手企業に勤めるエリートなんで」という話を自分をされてドン引き。そもそも「プロフィールに書いてあるから知っている」って感じなんですが

あーっ!私は「自分が一番輝いていた時代」の話を延々とする人とお見合いしたことがある!

どういうことですか!それ(笑)

「20代後半は海外出張が多かったからマイレージが溜まりすぎちゃって」とか「2年前までは車を2台持っていたから、維持するのが大変で」とか「大学時代はイケイケで」とか、そんなのもうどうでもいい~!今の話をしましょうよ、って思った。

無意識なのかなぁ?そういう男性はけっこう多いかも

自分にとってのカッコイイ時代の話は、確かに「婚活初対面」での話ではないですよね

婚活初対面での会話はよく選んだ方が良さそう

限られた時間で自分を知ってもらう「お見合い」。でも会話の内容を選ばないと、女性は返答に困るようだ。

うまく会話しているつもりでも特に聞きたくもない話を延々とされると、自己中心的でコミュニケーション能力が欠けていると思われている。

 

相手の女性に質問をしない、女性からの質問にYES or NOのみは、は論外!

こんな話までしちゃっていいのかな・・・!

第2位 いきなり親との同居がマストな男性

「私はあなたの両親と結婚するわけではない」と思わせる条件

うわー!2位にもなってくると、深刻さの度合いが増してきますね(笑)

はい。もう、ここまでくると笑い事ではない現実です。

 

前回親の紹介で「華麗なる一族」でも見ているような上品な血筋の人とお見合いしたんだけど、相手が長男の上に、同席した相手の両親に「うちはとても広いので、夫婦のスペースも広く取れますよ」っていきなり言われて、、

私も婚活パーティーで知り合った人と、初めての2人だけのデートで「どんな女性が理想ですか?」って聞いたら「女性に高望みはしません」というので、うわあ、人間出来た人だな~っておもった直後に「結婚したら、両親と同居してくれる女性を探しています」って言われたんですよ!

結婚相手を探しているのか、親と同居してくれる人を探しているのか、わからなくなる答えですね。

そうなんですっ!結婚したらママを休ませ家事の全てをお願いし、ゆくゆくは親の面倒をしっかり見てくれと言われているみたいで・・・

ただ、結婚って2人だけではなくて、家族の問題ですよね。相手の親はもちろん自分の両親も年老いていくわけで・・・

もちろん「一生、絶対に同居しません」と思っているわけではないんです。お見合いは、お互いのことを知る大切な時間なのに、まずは同居について真っ先に聞かれると、愛情ではなくお手伝いさんと、介護士さんが必要なだけに思えません?

もし、付き合っていく中でそういう相談をされたら?

うーん・・・。その男性を本当に好きになって結婚したいと思ったらもちろん考えるよね。

でも、それが結婚の条件だというのなら、私の方からも条件を出すかな。

「結婚してしばらくは2人で暮らしたい」
「子供が産まれてから」
「2世帯宅で玄関は別」

とか・・・。

そうですよね。お見合いではなく、付き合って、お互いに「この人となら結婚できる」という信頼関係がうまれてから話し合っていくものですよね

結婚の一番の条件がいきなり同居というお見合いの辛さを語る菜々さん

正直モノです!・・・でもデリカシーがない?!

初対面のお見合いで真っ先に「親との同居の話をマスト」だと伝える男性は、結婚相手ではなく「親と同居してくれる女性」を探していると思われている。

 

この2人は初対面でこの話題を出すだけでも「デリカシーがない男性」と感じたようだ。

第1位 一度も一人暮らしをしたことがない男性

どんなに素敵な男性でも「これは無理」と言わせる栄えある(?)1位

この第1位は男性にとっては意外な結果かもしれませんよね

一度も一人暮らしをしたことがない男性は無理ですね。もちろん事情は色々あるから一概には言えないだろうけど

同じく!料理や洗濯は母親任せ、電気代の払い方とかゴミの出し方もわからないっていう人は困りますよね

話していて感じの良い人でも「これまで家事全般を母親がやっているから、そういうことは女性がやるのは当たり前」と思っているのが話の節々からわかる

私はアナタのママでも、家政婦でもない!

30代後半で一人暮らしの経験が無い男性とお見合いした時は、会話の中に「うちの母が」っていうフレーズがわりと出てきて、申し訳ないけど「ちょっとマザコン?」と思っちゃった。やたらと自炊ですか?って聞いてくるし

私がお見合いした男性なんて!

週末の過ごし方について聞かれたから

「土曜日は友達と会ったり遊びに行ったりするけど、日曜日は平日できない掃除や洗濯でつぶれます」

と答えたら

「せっかくの休日に家事をするなんて、大変ですね。僕は平日は仕事が忙しくて、土日はゆっくり何もしたくないですね」
って。

 

もうビックリ!自分は全て母親がやってくれるから、家事をしたことがないんでしょうね。

なぜ大人になっても「自立したい」と思わないのか?

例えば家事を率先して行ったり、電気代・水道代・家賃の払い方をすべて把握していたとしたらどうですか?

んー。根本的に大人になったら自立して家を出る、っていうのが普通の考えだと思うんですよ。

 

特に男性は「オレは一人でやっていくんだ」っていう気持ちがないまま、適齢期を迎えているっていうことでしょう?

確かに、まだお金がない学生や新卒なら許せるけど、社会に出て数年経てば自立してほしいですよね。つまり貯蓄もしないで、遊んでばかりいるのでは?と疑います。

いずれにしても、家のことはできないと思う。

中にはきちんとできる人も、奥さんを思いやれる人もいるだろうけど、一人暮らしという「自立」をしたことがない人に、完全な「自立」の意味は分からないと思う。

 

やっぱり結婚する相手には、一度は一人暮らしをした経験がほしいですよね

『両親と仲良くしてきた優しい息子のオレ』撃沈。。

一度も一人暮らしをしたことがない男性は、生活をする上での適応能力に欠けていると思われている上、「女性がすべての家事をする」という暗黙の決めつけがあると思われている。

 

そして仮にそうではなくても、家にまつわるすべてのことは把握していないと思われ、拒絶されることが多いようだ

次回からは「なぜオレは結婚できないのか?」の解決方法を探る!

「そう言われても・・・ずっとそうして生きてきたんだけど」
「今さら、性格や金銭感覚は変えられない」

という自分自身の問題はもちろん

「『息子が結婚したら可愛いお嫁さんと一緒に住みたいわあ』と喜んでいる両親に、結婚するから別居してとは言いづらい」
という自分を取り巻く家庭環境も含め、結婚相手として女性に選ばれるのは大変なことらしい。

 

では、ここで上がった男性たちは、もう結婚を諦めるしか道はないのか?

 

次回からは、彼女たちが「お見合い一回目で断わった」タイプの男性への、お見合い攻略解決策や、変えられなかった価値観を少しだけ変える方法を、プロの婚活カウンセラーに聞いていく。

「結婚相手を選ぶのって慎重になるよね」「ですよね・・・」

この記事のキーワード

RECOMMENDED ARTICLES

“この記事を読んだ人におすすめ”

TOP