Facebook Twitter LINE pocket

結婚相談所のリアル——41歳男性との出会いで見つけた本当の自分

あまり知られることのない結婚相談所の内情。
実は、日々さまざまな男女が出入りしているだけでなく、そこから生まれるドラマも十人十色なのです。そこで本連載では、「マリッジクラブ ウィッシュ」の婚活カウンセラーが実際に出会った、男女のリアルな恋愛エピソードを描いていきます。

気がつけば30代、ようやく本気の婚活をスタート!

幼い頃から結婚願望が強く、20代で結婚したいと考えていた美咲(30歳・仮名)。その反面、恋愛には少し奥手。どちらかというとおっとりした性格のせいか、友人に誘われた飲み会や食事会では、積極的に動くことができずにいました。そんな自分に少しずつ焦りを感じ始めた美咲が「マリッジクラブ ウィッシュ」を訪れたのは、30歳の誕生日を迎えてすぐのことでした。

「素敵! 同世代で気も合いそうだし、お見合いを申し込んでみようかな」

美咲が希望する相手の年齢は、28歳~35歳。やはり同世代の男性と話している時が、一番楽しく、自分らしくいられるからです。
入会して1ヶ月ほどたった頃、気になる男性が! 同じ30歳でスポーツマンの健太さんです。彼も美咲の可愛らしい雰囲気を気に入り、さっそくお見合いの日を迎えることになりました。当日はお気に入りのワンピースに身を包み、健太さんともすぐに打ち解けて楽しい時間を過ごすことができました。

「お付き合いできるといいな・・・」

ところが、健太さんからの返事は「NO」。交際に発展することはありませんでした。
落ち込む美咲に「マリッジクラブ ウィッシュ」の婚活カウンセラーは、新たな出会いを提案します。

「美咲さんの条件とはちょっと違うんですが、41歳で素敵な方がいて・・・。よかったら、プロフィールだけでも見てみませんか?」

美咲の希望条件は35歳まで。年齢の離れた男性には、少し抵抗がありました。それでも、カウンセラーさんがおすすめするなら、と紹介してくれた聡さん(41歳・仮名)のプロフィールや写真を見るうちに、美咲の気持ちに変化が訪れます。

「笑顔も優しそうで素敵だし、一度会ってみたいかも・・・」

実はちょうど同じ頃、聡さんも美咲のことが気になり、お見合いの申し込みがありました。
2人のタイミングが合ったことはもちろんですが、ここには、カウンセラーが提案した「条件の幅を広げる」という点が大きく影響したのです。

「年齢は大切な条件の一つですが、それ以上に大切なのはお互いのフィーリング。実際に会ってみると『年齢は関係ない』という方が多いんです」

その言葉の通り、美咲が聡さんとのお見合いで感じたのは、「見た目が若くて41歳には見えないし、話していても楽しくて、年の差は気にならない」という点でした。聡さんの方は、「美咲さんの柔らかい雰囲気が可愛らしくて癒されるし、年上の自分が守ってあげたくなる」という印象を持ったそう。

2人は交際へと発展し、数ヶ月後「夕焼けと高い所が好き」という美咲のために、聡さんはチャーターしたヘリコプターの中で、サプライズのプロポーズ! 一生忘れられない素敵な日となりました。

「マリッジクラブ ウィッシュ」では、常にカウンセラーが色々な角度からアドバイスや提案をしてくれます。今回のケースでいえば、美咲が自分の中で「同世代の男性が合う」と思っていた点も、自分だけの思い込みであったのかもしれません。

実は、最初にお見合いをした健太さんが美咲を断った理由は、「自分は、どちらかというとリードしてくれる女性が好み。美咲さんはおっとりしていて、同い年の自分が引っ張っていけるか不安・・・」という点でした。

そこでカウンセラーは、美咲には年上の男性が合っているのでは? と考え、条件の幅を広げた出会いを提案。その結果、健太さんにとってはマイナスであった美咲の性格も、聡さんにとっては、交際に発展するプラスの要素となったのです。

自分1人では、なかなか気づくことができない自分の強み。「マリッジクラブ ウィッシュ」では、カウンセラーがあなたと一緒に素敵な出会いを探していきます。

-おわり-

この記事のキーワード

TOP