Facebook Twitter LINE pocket

オトナ・モテ向上委員会~さりげない「革小物」でオトナのオシャレを格上げ!<メンズ編>

30代以上のオトナになると、人物像だけでなくファッションにも「落ち着き」や「オトナらしさ」が求められてくる。色味は抑え、なるべくシンプルに。周りからの「見られ方」もそうだが、気がつけば「自発的に個性を抑制した服装になっていた」という方も多いのでは?

オトナがみな落ち着いたファッションになった時、「モテ」の要素をどこに入れるべきか。大げさに有名ブランドをちらつかせるのもこれ見よがしで、女性が引いてしまう? かといって全身ファストファッションでは、カッコイイオトナとは言い難い・・・。

そんな悩みを解決するのは、ふとした時にチラリと覗く男らしさを演出する「革アイテム」だ。

■秘密のデートスポットにもなる! オトナの小物を極めるならば『Aonoha』へゴー!

今回、「オトナモテ」の必須アイテム“革小物”を紹介してくれるショップは、桜木町駅から徒歩5分の場所にある「Aonoha(あおのは)」。

住宅街に突然現れるオシャレなショップ「Aonoha」

手作りの革製品のほか、アパレルやファッション小物など、男女問わずオトナなアイテムがそろうセレクトショップだ。

革製品の芳醇な香りがほんのり漂う店内

職人が一つずつ丁寧に手作りする革製品のほか、服やハット、シューズ、時計や雑貨など品ぞろえ豊富。

女性もののピアスやリングなどのアクセサリーもあるため、みなとみらいデートの合間に立ち寄るのもオススメ。住宅街にひっそりと佇む秘密基地のような穴場スポットだから、サラッと女性を誘えばオシャレにこだわるオトナの男として、彼女の見る目も変えることができそうだ。

では、ここからは男を一段格上げしてくれるオトナの革小物を紹介していこう。

■会計をよりスマートに見せる「財布」にこだわる

革製品の定番「財布」は、オトナのこだわりを見せやすいアイテム。有名ブランドものを持つ人が多いなか、財布の「質」で選ぶ、違いのわかる男として格を上げよう。

「Roberu Short Wallet Shading Leather Camel」(1万8360円/税込・以下同)

店長オススメの財布は、純国産の牛革をタンニン鞣(なめ)し、本革本来の風合いを楽しめるよう施したショートウォレット。

使い込むほど無骨な味が出る、ダンディな財布は男らしさを演出してくれる。

滑らせるだけで小銭が取り出せる機能性も◎

コインケースはカートリッジ式で、コインが引っかかりやすく取り出しやすく機能的。
これなら慌てずスマートに会計を済ませられるし、素材やデザインからこだわりを感じさせられそうだ。

ハンドメイドのウォレットは種類も豊富

サイズや色、形が異なる財布は、7560円からと試してみるのにもちょうど良い価格。ブランド価値ではなく、質の良さ一本で勝負する男なら、ハンドメイドの本革財布にこだわって欲しい。

■スマホを革で包み、物を大切にする優しい男を演出

常に手にするスマホ。いつもそばにいて大切な存在だ。
つまり、スマホを革という高級品で守る男は、彼女を大切にする優しい男を連想させる。

「私もこんな風に大事にしてくれるのかも・・・」。スマホ1つでこう思ってもらえるのなら、革のスマホケースを装着しない手はない。

「Roberu iPhone X Case」(8640円)

色鮮やかなイタリアバケッタレザーを使用。手に吸い付くようなフィット感が心地いい。計算し尽くされたサイズ感で、ボタンやスピーカーなども邪魔せず操作性もピカイチ。

職人の細やかな技が光るiPhoneケースは、独創的で人とかぶることは少ない。話のネタになることも間違いなしだ。

カラーで個性を出すものOK

暗めの色味は無難だが、レッドやグリーンで個性を出すのも目を引き、良さそうだ。
本革がオトナらしさを醸し出しているので、少々派手な色味でも上品な印象を与えてくれる。

いつも手にするスマホだからこそ、オシャレに力を入れ、身近な物や人を大切にする優しさを演出しよう。

■少年っぽさをチラリ!趣味を本気で楽しむオトナがカッコイイ

カメラが趣味ならストラップも革を選んで趣味に本気の男という印象を与えよう。趣味に没頭するオトナは、少年性を感じさせ、女性が持つ母性を刺激する。

「ROBERUレギュラーカメラストラップ(一眼レフ、マイクロ一眼用)」(6480円)

肩当ての裏地には上質な質感のカーフレザーを採用、非常に柔らかく撥水性に優れ、色落ちに強い。長時間の撮影でもストレスなく使いこなせる。

メーカー付属のストラップよりも落ち着いた印象を受ける

カメラ本体と色を変えることで、差し色効果になりオシャレ効果倍増だ。

カラーバリエーションも豊富。お気に入りの一本を見つけよう

カメラ本体にこだわりを持つ人は数多かれど、ストラップまでこだわる男はオシャレ上級者と言っていいだろう。

趣味を追求し、とことん愛する男は、魅力的でないはずがない。

革アイテムをワンポイント取り入れた「オトナモテ」を実践して、オシャレな男への階段を登ってみてはいかがだろうか。

■Aonoha
住所/横浜市中区花咲町3-88-1F
TEL/045-341-0595
営業時間/11時〜19時
定休日/水曜
アクセス/JR線・地下鉄線「桜木町」駅から徒歩5分

―おわり―

TOP