ウィッシュ成婚レポート

18.04.15

No. 281

  • スピード婚
    (7~12ヶ月)
  • 20~33歳
  • 37歳~

【11ヶ月でご成婚】♂37歳(会社員)年収600万円 Nさん ♀33歳(会社員)Wさん

data_1921
お見合いで出逢ってから1ヶ月というスピードでご成婚が決まったお二人。 交際期間が短く思われるかもしれませんが、ハンサムなNさんの横に一段と可愛らしくなったWさんの幸せそうな笑顔を見たら、“運命”の出逢いが訪れたのだと確信できます。 さあ、お二人から色々なエピソードをお聞きしてみましょう。
  • 「婚活を始めようと思った理由、またはキッカケを教えて下さい。」

    Nさん(♂)

    「僕は年齢的な事と、妹に赤ちゃんが生まれて、『可愛いな』と思ったのがキッカケかな。なんだか急に『今すぐにでも行動しないと後悔する』と思うようになって、活動を始めました。」

    Wさん(♀)

    「私も年齢が気になってきたこともありましたが、祖父が一時体調を崩してしまったことがあって、その時『早く良いご縁をみつけたい』と思うようになりました。」

  • 「では、数ある婚活方法の中で、結婚相談所ウィッシュを選ばれた理由は?」

    Wさん(♀)

    「ウィッシュのホームページを見て、すぐに丸の内サロンで説明を聞きにいきました。雰囲気が良い感じだなと思って入会を決めました。」

  • 「お互い、お会いしてみようと思ったポイントは?」

    Wさん(♀)

    「担当の梅村さんから、私を“お気に入り”に登録してくれている男性を何人か紹介してもらった中に彼がいました。彼の優しそうな印象と笑顔がとっても素敵だったので、何か直感的にお会いしてみたいと思って、私から申し込みをしました。」

    Nさん(♂)

    「彼女の写真がきりっとしていて、僕の好きなタイプでした。自己PRにも色々なことが書かれていたので分かりやすくて、話が合いそうだなと思いました。」

  • 「実際にお会いして、交際してみようと思ったポイントは?」

    Nさん(♂)

    「僕は、色々な方に会ってみたのですが、つい何となく、相手の嫌な面が目についてしまっていました。でも彼女と会った時、そんな感じにならなかったですね。彼女と話をしていて、もちろん話は弾んだんですが、それ以上に、普段の自分で向き合えて、居心地の良い時間を過ごせました。『彼女となら上手くやっていけそうだ』と正直に思えました。」

    Wさん(♀)

    「私は結構誰とでも話せるのですが、彼との時間が一番疲れなかったんです。本当に2時間があっという間で、もっと話したいと思いました。」

  • 「交際中の思い出を含め、プロポーズのシチュエーションを教えて下さい。」

    二人

    「デートは毎週していましたね。原宿でランチをして、そのあと街をぶらぶら歩いたり、大きな公園でスポーツを楽しんだり、自由が丘から二子玉川まで歩いたり。良くしゃべって良く歩いたデートが多かったかな。翌日は、二人ともよく筋肉痛になったよね(一同爆笑)」

    Nさん(♂)

    「僕から通常交際から真剣交際に進みたいことを伝えた時、殆どプロポーズと同じ気持ちでしたね。」

  • 「最後に、これから活動される皆様へ向けて、婚活についてのアドバイスをお願いします。」

    Nさん(♂)

    「僕は『もしかしたら一生独身かな?』と思っていた時がありました。でもよい出逢いに恵まれたので、迷っている人は少しの勇気で一歩を踏み出して欲しいですね。それから活動中は落ち込む事もあるかと思うけど、チャンスは必ず来ますので続けてください。それしかないと思います。」

    Wさん(♀)

    「私もうまくいかなくて、辛い時もありましたが、待っているだけでは難しいです。気になる人には自分から積極的に動いてみると良いと思います。自分をフルに動かしていく事で、気持ちも進んで行くと思いますよ。」

担当スタッフより

アクティブなお二人には、青空の下での健康的なデートがとっても似合っていますね。
二人で話している時も一緒に歩いている時も、お互いの温かさや安心感がある素敵な時間だったようですね。
これからも、そんな日々を重ねて、幸せになって下さいね。